3.16 中の人、高校卒業

東京都心急行電鉄では、3月16日にダイヤ改正を実施します。ダイヤ改正での目玉を紹介します


①新型特急電車「15000系」がデビューします

車両イメージ(左から「やましろ」「スカイコネクト」「おおとり」)

普通車座席

プレミアムカー座席

成田空港アクセス特急「スカイコネクト」・東京~長野間特急「おおとり」・名古屋〜大阪間特急「やましろ」に新型特急電車「15000系」が登場し、すべての列車が置き換わります。

この車両の目玉は安定した高速性能と快適な居住性にあります。

導入後は、以下の区間で最高速度160km/h運転を行います

<スカイコネクト>芝浦ふ頭~空港第2ビル

<おおとり>大宮~高崎・小諸〜松代

<やましろ>桑名〜大津

これにより、「おおとり」は10分の時間短縮を行います。

また、座席は飛行機のものを参考に独自開発したものを使用しております。すべての座席にシートモニターを設置したほか、長時間の移動でも疲れない、快適な仕様となっております。

全ての車両にプレミアムカーを連結している他、「おおとり」にはビュッフェ車両もあります。

 

なお従来型の5000系車両はライナーで走るほか、一部編成は名古屋地区へ転属し、後述の「エアポートリンク」となります。


②特急「横浜むさしの」が運転開始します

横浜駅から大都市総合開発鉄道の秩父駅まで直通する特急電車です。上記の15000系車両及び共通設計の大都市総合開発鉄道35000系電車を使用し、渋谷~横浜で横浜行きスカイコネクトに連結する形で運転します。

③中部空港線が開業します

名阪鉄道の常滑線を延伸し、中部空港線(中部国際空港~桑名)が開業します。桑名〜中部国際空港で特急「エアポートリンク」を新設し、特急「やましろ」を名古屋から中部国際空港まで延長します。また、普通列車は常滑〜桑名で運転している急行列車を中部国際空港まで延伸します。各駅停車は引き続き日中1時間に4本を名古屋〜常滑で運転します。

④関西空港行き快速急行に特別車を連結します

大津・神戸三宮〜関西空港の快速急行に3両の特別車を連結します。ご利用には380円の指定席券が必要です。

⑤名阪本線・関西空港線・千葉本線にライナーが登場します

上記の特別車を3両2編成で連結運用したライナーの運転を開始します。列車名は「ホームコネクト草津」「ホームコネクト貝塚」で、運転区間は大阪梅田〜草津・貝塚です。

 

また、千葉本線に「ホームコネクト四街道」を5000系車両でデビューさせます。